ダイエット仮面の動画でダイエット&筋トレ講義

スポンサーリンク

ダイエットをする前に読みましょう

ダイエット仮面です。
さあ!ダイエットの始まりです。

 

●痩せたい!
●ダイエットをしなきゃなーー!
●かわいくなりたい。
●きれいになりたい。
●かっこよくなりたい。
●見せられる体になりたい

 

上のどれかに当てはまった人は今日からダイエットをしましょう!!
一番大切なのは自分がいまどの部位を鍛えているのか?どの部位がやせたいのか?を必ず意識して行ってください。
このサイトで必ず理想の体を手に入れることができます。
サボらないで必ず継続して行ってくださいね!
ダイエットには近道はないです(整形手術以外・・・笑)
ジムに通ったりする時間があるなら家で効率的にダイエットをしましょう。
動画と詳細文章を見ながら行っていきましょう。

 

わたくしダイエット仮面はダイエットインストラクター時代に学んだダイエットの知識を自分の経験と織り交ぜていろいろな方向から皆様のサポートをしていきます。

 

質問なども随時受付しておりますのでぜひ書き込んでください☆彡

 

でははじめていきましょう!

■ダイエットをはじめるにあたっての5つの心得@■

@毎日自分の体重に合わせた量の「水」を飲む

 

ダイエットに「水」は絶対に欠かせません!
水を飲むことによるメリットは基礎代謝量を上げ、脂肪を燃焼しやすい体質をつくり、エネルギーの代謝をよくするのであります。
この状態を常に保っておくことにより、効率よく痩せることができ、さらにリバウンドしにくい体を作り上げることができます。
美容にも健康においてもダイエットにも水は欠かせないのですね(ノ゚ο゚)ノ

 

具体的にメリットの例をあげると・・・

 

●基礎代謝量アップ⇒脂肪燃焼体質の形成
●基礎体温が上がり日常の調子が良くなる
●肌の調子が良くなる!美容効果☆
●間食の抑制
●シミや小ジワ・たるみ・むくみなどの改善
●血液がサラサラになる

 

などなど「水」には偉大な力があるのです煤S( ̄0 ̄;ノ
知っていましたか??

 

ではでは、どのくらいの水の量を飲めば良いのか気になりますよね〜

 

☆どのくらい水を飲めばいいの!??

 

体重別に見てみましょう
◎体重40` ⇒ 1.6 リットル
◎体重45` ⇒ 1.8 リットル
◎体重50` ⇒ 2.0 リットル
◎体重55` ⇒ 2.2 リットル
◎体重60` ⇒ 2.4 リットル
◎体重65` ⇒ 2.6 リットル
※ご自分の体重がない方は体重2リットルを基準として前後0.2リットルずつプラスマイナスされていることがわかると思いますので、計算して目安にしてください。

 

ダイエットを本気でやりたい方は上で紹介している量の水よりも、0.5リットルくらい大目に飲むことをおすすめします。
しかし、苦しいけどやせたいからと言って無理して飲むことはやめてくださいね。
ここで注意!!
コンビニで売っているような「清涼飲料水」とか「お茶」「コーヒー」などは本気でダイエットをしているときはなるべく飲まないでください。
もし飲むのであれば、飲んだ量と同等の水を飲み「打ち消す」ようにしてください。
これは大事ですよ!!
ただ、ときには「ダイエット休暇」というものは必要ですので、食べたいときはちゃんと食べてくださいね!
食欲によるストレスも体に変化を与えてしまい太る原因になってしまうことがあることは覚えておいてください。
でもでも間食や暴飲暴食はご法度ですよヽ( )`ε´( )ノ
腹八分目が大切なのです!

 

◎どのくらいの頻度とタイミングで水を飲めばいいの!??
まずはこまめに水を取ることを意識してください。
食事中はなるべく水は飲まないようにしてくださいねw
食事中に水を飲むと消化を促す胃液が薄まってしまい消化がされにくくなる可能性があるのです。
後は寝る直前(30分前くらい)に水を大量に飲むことは避けたほうが良いです。
特に女性が敏感に感じる「朝一のむくみ」の原因になってしまいますからねo(;△;)o

 

◎効果的な水の飲み方は!?
●朝起きたとき
●食前
●食後
●お風呂に入る前
●寝る30分前

 

と言う感じでしょうか。

 

◎どんな水でもいいの!?
なるべく水道水は避けたほうがいいです。
水道水には殺菌のために「塩素」が含まれているため、多少人間の体にとって有害な物質が
ふくまれております。
塩素が体内に入ると、たんぱく質やビタミンなどの栄養素を破壊してしまうのです( ̄□ ̄;)!!
ただ痩せたい人なら水道水でも問題はないでしょうが、健康や美容も一緒に改善していきたいという思いがある方は、湧き水が一番おすすめです☆
しかし、世の中湧き水なんてなかなかわいていませんよね(-"-;A
一応おすすめするのは「ボルビック」です。
これは硬度60の軟水です。
他にも「エビアン」や「ヴィッテル」などがありますねw
市販の2リットルペットボトルタイプの「お水」なんかでも全く問題ないです。
水は質よりも特に量を気にしてくださいね♪

 

※ダイエット中にカフェイン(コーヒー、お茶など)は厳禁です。
 もし飲んでしまったら同じ量の「水を」飲むことを心がけてください。

■ダイエットをはじめるにあたっての5つの心得A■

A食事を抜くダイエットは逆効果!
二つ目です(*^▽^*)
みなさまが、ダイエットに挑戦する際必ず頭によぎるのは
「食べなければ痩せる!」
ということかもしれません。
たしかに食べなければ痩せていくのは当たり前です。
しかし、これは大変身体的にも日常生活にも影響が出るリスクが高いダイエット方法です。
食べないことで痩せるダイエットにはいろいろなリスクがあります。

 

「リバウンド」
・「ストレスによって太る」
・「健康を害する」
・「「日常生活に影響がでる」
・「集中力や注意力の低下」
・「肌アレやむくみなどの美容系のリスク」

 

紹介するとキリがありません。
そんなダイエット方法が皆様の体にとって良いはずがありません。
「私は食べないことによって痩せる!」と言うのであれば別のサイトへ行ってください笑
ダイエット仮面が運営するダイエットブログで皆様が意識することは

 

「朝昼晩3食必ず食べること」

 

これにつきます。
どんな食事をどのように取ればよいか?
というのは追々説明していきます。
あせらずにまずは「朝昼晩3食必ず食べること」を意識して食事を取ってください。
ただ、食べ過ぎないことだけ注意し、「腹8分目くらい」が丁度良いと思われます。
ところで、「食事を抜くダイエットはなぜいけないか?」という補足を紹介しておきましょう。

 

食事を抜くと逆に「脂肪を増やす原因となってしまう」のです。
無理な食事制限をすると体の細胞や脂肪が飢餓状態になり、
体が「今まで以上に脂肪を蓄えなきゃ!」と言う状態を保とうとします。
そうすると食事制限で脂肪量を減らしたとしても、食事を元に戻したときに、以前の飢餓状態を記憶しているため、
食事制限をする前よりも多く脂肪を蓄えようとするので「リバウンド」とよばれるものが起こります。

 

食事を抜いたダイエットにメリットは限りなくないに等しいと言えます。
必ず3食規則正しく食事を取りましょう。
以上「食事を抜くダイエットは逆効果」
心がけておいてください!

■ダイエットをはじめるにあたっての5つの心得B■

B仕事中でもプライベートでも常に体に力を入れる意識を持ちましょう
三つ目です(*^▽^*)
私が最も大切にしているのが仕事中でもプライベートでも常に腹筋や脚や腕などをに力を入れる意識を持って生活していることです。
正直ダイエットをするためだけに時間を割くなんてもったいなくありませんか?
私は時間を無駄にするのが嫌いなので、日常生活である程度の体を保てるように常に体に力を入れる意識を持って生活しています。

 

たとえばどんな時!?

 

と思う方もいらっしゃるでしょう。
このブログを読まれている方には仕事をしている方から主婦・学生・フリーター・中年男性女性・高齢者の方ないろいろな方がおり、日常生活は十人十色なのですべてを説明するのは難しいですがいくつか例に挙げて紹介していきます。

 

●椅子に座っている
●通勤電車で立っている時・座っている
●何か荷物を持つ
●自転車に乗る
●車に乗っている
●歩いている
●走っている
●パソコンを打っている
●事務仕事をしている

 

などなど・・・
紹介すると「生きているとき」となってしまいそうでキリがないのでこれ以上はやめておきますf^_^;
とにかく日常生活で体を意識することによりすぐやせることができるのです。
特におなか周りを気にしている方は「お腹を少しヘコませながら腹筋を出すイメージを持って力を入れてみてください」
これはわたくしダイエット仮面が常に意識をしていることです。
正直これが日課になると腹筋が衰えることはありません。
常に太らないスマートな体を保っております。
まあ、そこまで簡単には意識できないですよねσ(^_^;)
ただこの心得を時々思い出しお腹に力を入れてみたり脚に力を入れてみたりしてください。
絶対に効果が現れてきます。

 

力の入れ方がなかなか難しい点もあるので今後動画などでも意識の仕方や
運動の仕方などもどんどん取り入れていきす☆彡

■ダイエットをはじめるにあたっての5つの心得C■

C過度な運動はせず、毎日同じ部位の運動は避ける
四つ目です(*^▽^*)
筋肉トレーニングでも同じなのですが
ダイエットや筋トレは1日おきに別の場所を鍛えると言うのが鉄則で
さらに運動した場所は必ずストレッチでのばすというのも鉄則なのです(* ̄Oノ ̄*)
これは筋肉が形成、脂肪が燃焼されるまでに約1日半くらいかかると言われているからです。
腹筋と腕の筋トレをした次の日にはふくらはぎや太ももなどの筋トレをするなど

 

「一日おきの局部ダイエット・筋トレを心がけてください」

 

等ブサイトは部位ごとにダイエット方法やトレーニング方法を分けて解説しております。
ダイエットやトレーニングをした後はその局部のストレッチも絶対に忘れないでください。
これにより筋細胞を一度壊し、新しい筋肉の形成を促し脂肪も燃焼させる効果があります。
筋肉は、多数の筋繊維という糸の束のようなもので構成されていますが、
この筋繊維は筋トレによって切れます。
この切れた筋繊維を「超回復」によって、繋げ直すことができます。

 

 

筋トレやダイエットでは「運動→休む→運動→休む・・・」
というような金太郎飴的なプロセスが非常に大切だといわれております。
しかし、私が意識してほしいのは上記の「休む」と言う部分を「別の部分を鍛える(痩せる)」
つまり「毎日運動」「体を常に意識する」スタイルで効率よく少しでも早くダイエット・筋トレを促そう!という考えでございます。
ぜひ以上のことを意識してダイエットや筋トレに臨んでください(=⌒▽⌒=)
【過度な運動はせず、毎日同じ部位の運動は避ける】
この心得を忘れずに「昨日はどんな運動した?」
とちゃんと思い出してみて別の運動をして見てくださいね☆

■ダイエットをはじめるにあたっての5つの心得D■

D毎日ハダカの自分を見る
最後の項目です(*^▽^*)
これから「自分のダイエットが始まる」と言う意識付けも大切ですよね。
「自分が太っているな〜」と感じている方は特に毎日鏡を見てください。
自分の理想の体を想像して鏡を見ることが大切です。
鏡を見るときに「体に力を入れてお腹をへこませて見てください」
筋トレをしている方は割れた腹筋や盛り上がった胸筋などに力を入れてみて
筋肉が付いている実感を得てください。
仕事でもプライベートでもそうですが、意識することがどれだけ大切かと言うことは皆さんも今まで生きてきた経験上お気づきでしょう。
毎日体重計に乗らなくてもいいのです。
だって運動中は多少体重が増えることがあるのですから。
すぐに体重が落ちるというのは「駄目なダイエット」をしていると思ってもらってかまいません。
体重が増えたからと言ってへこんでる暇なんかありません!
見た目は格段に良くなっていますよ。
周りにダイエットの宣言をするのも効果的ですよね♪
ただし、絶対にあきらめず

 

「やせたい!」
「きれいになりたい」
周りに「痩せたね♪」と言わせたい!

 

この思いだけで一生懸命毎日がんばりましょう。

■このサイトは下記バナーの【SIRIUS】で簡単に作成しております■

★次世代型サイト作成システム【SIRIUS】(通常版)

★次世代型サイト作成システム【SIRIUS】(上位版)

■スポンサーリンク■